大型バイクは絶対にMade in Japan

日本の大型バイクのおすすめ

おすすめ

日本の道路では中型バイクがあれば十分と考える方が多いですが、慣れると大型バイクのほうが乗りやすくておすすめです。大型バイクはエンジンパワーに余裕があるので、お尻に伝わってくる振動が少ないのです。これは長距離走行をしたときに顕著に感じることができるため、ロングツーリングを楽しむ方ほど重宝するでしょう。燃費は排気量を考えると悪くはありませんが、これはアクセルをあまり開けなくても走行してくれるからです。

最近は大型バイクのライダーが非常に増えてきましたが、免許制度の改正が大きく関係しています。限定解除による一発試験がなくなったことで、格段に取得が楽になったからです。大型自動二輪の免許を所有していれば、自分の好きなバイクを選ぶことができます。

排気量を気にすることなく選べるメリットは大きく、街乗り、ロングツーリングなどの用途を決めてから選択するのがおすすめです。街乗りにおいても慣れてしまうと、低速トルクの太さによる直進安定性のメリットを感じられるようになるでしょう。

大型バイクは日本製が理想

理想

日本の道路を走行するなら、大型バイクは日本製が理想的です。海外製は高出力・高回転タイプが多く見られますが、日本の大型バイクは低速トルクを重視しています。メーターを見てもわかりますが、逆輸入を除いて180kmまでしか刻んでありません。同車種であっても、最高速を落として低速トルクを重視しているのです。

国内の道路で時速180kmを超えたスピードで走行する必要性はないでしょう。高速道路の制限速度も100kmであり、それ以上を出すと交通違反となります。最高速度にこだわると低速トルクが犠牲になってしまうので、街乗りで不便を感じることになります。アクセル開閉に比例して車体が前に押し出される感覚は、低速トルクが太いほど感じやすくなるでしょう。

大型バイクになると危険を察知したときに、ブレーキだけでなくアクセルを開けて回避することがやりやすくなります。そうした意味でも低速トルクのある大型バイクは、乗りなれると中型バイクより安全性が高いのです。